ECサイト構築・運営支援、ネットショップ在庫一括管理システム | e店舗マネージャー

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

03-6804-8680 受付時間 月曜〜金曜 9:00〜17:00

Home > ショッピングモールの限界?

  • リリース近況報告
  • E店舗の全てはここに!!
  • ビジネスパートナー制度
  • 資料請求はこちら
  • 構築支援はコチラ

ひめぽん先生のノウハウ宝箱 vol⑥

ショッピングモールの限界?

hukidashi

楽天やYahoo!、Amazonなど、インターネット上にはたくさんのショッピングモールがあり、年々利用ユーザも増えています。このコラムを読んでいる方もモールに出店されている方がほとんどではないでしょうか。ショッピングモールはなんと言っても集客力や巨大ブランドによる信頼感など、EC業界において大変な貢献をしています。しかし、販売側の立場でみた場合、ショッピングモールのみでお客様が持つ全てのニーズに適確に応えることができるでしょうか?残念ながら、ブロードバンドが普及し様々なサービスを受けられるようになったネットユーザに対して、ショッピングモールできめ細かいサービスを行うのは難しいと言わざるを得ません。外部へのリンクに対する規制、メルマガやキャンペーン用のページ作成、レイアウト、デザインにいたるまで、ショッピングモールには様々な制約がつくからです。たくさんのブランド、メーカーを一手に管理するショッピングモールとしては、お客様であるネットユーザに安定、安心したサービスを提供するためには致し方のない事なのかもしれません。

mall-1

ショッピングモールは、現実世界で言えば百貨店やコンビニ、スーパーマーケットにあたるものです。たくさんの商品、ブランドを求めたくさんのお客様が訪れます。一つのブランドだけを陳列するわけではありませんから、そこに自社の商品を置く事ができれば大幅な集客が見込めます。しかし、たとえば自社商品のファン、興味を持ってくれたお客様に対して、百貨店やコンビニで手厚いサービスを行えるでしょうか?自社の商品をより求めるお客様には専門店が必要ではないでしょうか?自社を知らないお客様にはショッピングモールでサービスを行い、より興味を持っていただいたお客様には、自社専門店でよりきめ細かいサービスを提供する。巨大ショッピングモールと自社ECサイトのメリットデメリットを補い合い、その両輪を活かした運営が現在のトレンドと言えます。