ECサイト構築・運営支援、ネットショップ在庫一括管理システム | e店舗マネージャー

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

03-6804-8680 受付時間 月曜〜金曜 9:00〜17:00

Home > TOPデザインで売上があがると思っていませんか?

  • リリース近況報告
  • E店舗の全てはここに!!
  • ビジネスパートナー制度
  • 資料請求はこちら
  • 構築支援はコチラ

ひめぽん先生のノウハウ宝箱 vol②

TOPデザインで売上があがると思っていませんか?

design-1

「カッコいいページにして欲しい」

Web制作、ECサイト、ネットショップ(オンラインショップ)構築のお仕事をしていると、必ずと言って良いほどいただく要望です。ビジネスの理解、サービスの設計がある前提なら良いのですが、全ての成果の根源をTOPページのデザインに求められているような方は、必ずと言って良いほど失敗するWebサイトを創ってしまいます。

design-2

■「TOPページとは御社の顔であり、全ての入り口です」
はウソです。
正確に言えば頭に”現代のインターネット”ではがつきます。
一昔前、まだブロードバンドが普及していない時代のインターネットでは、Yahoo!などのディレクトリ型検索エンジンサイト(人間が判断して検索結果にWebサイトを登録する検索エンジン)の繁栄により、ほとんどのページはTOPページからリンクされ、ユーザは必ずTOPページから訪れていました。ですから、その時代では「TOPページはサイト全ての入り口です」というのは正しいとされていました。
しかし、ロボット型検索エンジンが進化し、インターネット上のあらゆる情報を検索結果に表示できるようになった現代では、検索結果にTOPより下のコンテンツ、テキストなど情報がたくさん記載されたページをダイレクトに表示できるようになりました。

cart

また、その結果ユーザ側では社名ではなく商品名、固有名詞、地名+サービス名など、欲しい情報をダイレクトに入力して検索するようになりました。
現代のWebサイトでは、TOPページだけでなくその他のコンテンツページへも直接訪れることが大変多くなりました。TVCMを打っているような大企業の場合、商品名の方が認知されていますから、より顕著にその傾向が見て取れます。

そのような時代に必要なことは「どこから訪れても迷わない設計」「どこから訪れても、求める情報がリンクでつながり、わかりやすい設計」です。TOPページからいきなり創りだしたサイトが失敗する原因はこれらのことを考えず、きちんと全体の設計をする前に玄関を創りだしてしまうからに他なりません。

■企業の顔とはなんでしょうか?

上記の通り「Webサイト全ての入り口=TOP」というのは通用しないのですが、それ故に、そしてそうであっても、TOPページが企業の顔となることはありません。いえ、イメージは大変重要なものですし、TOPページに配置するイメージビジュアルなどはイメージ戦略としては重要な鍵を握るのは変わりません。しかし、それはあくまでイメージであり、企業の評価を一気に左右する入り口である「顔」ではありません。考えてみれば簡単なのですが、TOPページの写真が綺麗だからと、お金を払う方はいないからです。

企業の顔は、商品であり、サポートであり、直にお客様に接する販売員、営業担当の方そのものです。全ての場所で、お客様が接し、お客様は企業をそこで感じます。その全てが「顔」なのです。ですから、その全てでお客様と”顔をつき合わせて”失礼のない、満足してもらえるコミュニケーションが必要になります。どう転がっても、TOPページの綺麗/汚いだけでお金を払ってくれる、企業を信頼してくれるお客様はいません。それは、ここをご覧になっている皆さんが、顧客としてサービスを受けるときの心情を考えてみればわかると思います。

■TOPページのそのボタン、必要ですか?

成果が出ないことをビジュアルデザイン、TOPページの構成のみに求めると、大変危険です。なぜなら、上記の通り全体の設計を無視しているからです。「必要なボタン(リンク)が無い」というのは、この時点で問題は二つの可能性があります。

 A.ボタンを配置していない  
 B.そもそもコンテンツがない

この二つは、全く別の問題です。
「A.ボタンを配置していない」はTOPページの画面構成の問題。
「B.そもそもコンテンツがない」はコンテンツ設計の問題。
TOPページだけの問題に言及すると、この二つの問題を混同し、本当の解決策が見いだせないまま無駄に修正や更新だけをすすめることになり、費用だけが嵩む負のスパイラルに陥ります。あるべき問題解決は設計からきちんと踏まえることです。

 1.何を置くのか  
 2.どこに置くのか  
 3.どうやって見せるのか

この順番できちんと設計をし、問題点を探さない限り、Webサイトで成果が出ることはありません。それは、そこに訪れるユーザ(お客様)の行動をきちんと考えていないからです。お客様はTOPページだけで満足するわけではないのに、TOPページだけで問題を考えるからです。そして、厳密に言えばお客様はTOPページに用はありません。なぜなら、TOPページに「コンテンツ」は無いからです。ネットショップのTOPページでお買い物ができるでしょうか?大概のサイトは出来ません。TOPページはWebサイトの総扉ページです。扉でしかありません。お客様の目的によって次のページへ進ませるための、振り分けのページでしかありません。お客様が本当に成し得たい目的はTOPページの先にあるコンテンツがあるページです。商品があるページです。ですから、TOPページだけを対象とした問題言及は、失敗しやすいのです。

必ず、サイトの全体を見て、お客様の体験をベースにシナリオを持って、どこに問題があるのかを調査することが、問題解決への近道となります。